【スポーツ体験談】ゲートボールの醍醐味とは?

【スポーツ体験談】ゲートボールの醍醐味とは?

ゲートボールを体験したきっかけ

友達のおじいちゃんと仲良くて、教えてもらいました。

最初は友達の庭で1ゲートのみで遊んでいました(パターゴルフな感じ)。

ある、日曜日の朝におじいちゃんの友達の集まる町内会のゲートボール大会に連れてってもらいました。

ゲートボールのルール

ルールは5人1組で対戦型です。

ボールが10個ありまして、順番に自分の持ち球となります。

先行チームは白い文字の数字1,3,5,7,9

後攻は赤い文字の数字2,4,6,8,10になります。

先行チームの人から、順番にボールをスティックという木の長いかなずちみたいなもので打ちます。

打たれたボールはゲートというカタカナのコの字の下をくぐります。

そのゲートは①~④番ゲートまであり、最後にコートの中心にある、ゴールボールと言われる、杭の形をした金具に当てればゴールです。

ゲートボールの醍醐味

飛び入り参加させてもらった私は、とにかく早く第1ゲート~第4ゲートを通過してゴールボールに当てればいいと思っていました。

試合が始まりました。

おじいちゃんたちは、順番に打って第1ゲートは通過するものの、第2ゲート付近でわざとボールをたむろさせているのです。

私はなんなく第2ゲートを通過させようとしました。

ですが、軌道線上にボールが散らばっていたので、当てないように手前まで転がしました。

するとおじいちゃんたちは、ここからが本番のようで、みんな敵味方関係なくボールとボールをぶつけあいます

その時「タッチ スパーク」と言い合っていました。

ぶつけることタッチといいます。

スパークは自分のボールとぶつけたボール2個を踏んで、自分のボールにスティックを当てて、その衝撃で当てたボールをはじき出すことです。

実はこれが、ゲートボールの中で1番のメインだと言います。

ゲートボールの動画

 

 

ゲートボールの楽しさ

当てたボールが味方のボールならば、ゲートの近くかゲートを通過させてあげたりしています。

ですが、相手チームのボールなら、遠慮なく、強く打ってコートの外にはじき出します。

私もスパークをしてみましたが、コーン!てはじき出す感覚がたまらなく、気持ちいいんです。

早く、ゴールをしようというよりも、どれだけ、ゲート付近で邪魔をしてやろうという考えです。

いや、この人間臭さが面白い、味方に当てて、援護したい人や、敵に当てて思い切り弾き飛ばす人がいます。

中には「ホームラーン!」と言いながら、痛快にコートの外を超えて草むらにぶちこんでました。

楽しいですね。

誰もゴールに急ごうとしないのが、またいい!

今度、スティックを借りて、友達としたいですね。お薦めのスポーツです。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ