【スポーツ体験談】天気は悪くても楽しめるボルダリングの魅力

【スポーツ体験談】天気は悪くても楽しめるボルダリングの魅力Bouldering

【意外と知られていないスポーツであるボルダリング】

ボルダリングをご存知ですか。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実は今とても注目を集めているスポーツなのです。

特殊なロープや特別な器具を一切使用することなく、屋内で自分の力だけでクライミングを行うスポーツであり、男女問わず参加できるという魅力を持っています。

無理に上らなければならないというルールもなく、子供でも行うことができることも魅力でしょう。

このボルダリングは意外と知られておらず、まだ全国でもボルダリングができる施設は少ないということがありますが、確実に少しずつ増えてきています。

【ボルダリングは誰でもハマッてしまうスポーツ】

実際に私がボルダリングをしようを思ったきっかけは、年齢と共に体力が低下してきているという理由でした。

ボルダリングは、屋内で行うことができますので天気に関係なくいつでも行うことができます。

最初は体力作りから始めたボルダリングですが、どんどんとハマッていくスポーツになってしまいました。気がつくと、毎週のように週末はボルダリングをしている状況になり、もっと早く、そしてもっと高く効率よくクライミングを行うにはどのようにすれば良いのかと考えるようになるほどの楽しみになっていました。

誰でも確実にハマッてしまうのがボルダリングの魅力でしょう。

【ボルダリングは一人のスポーツではなくしっかりコミュニケーションも行える】

ボルダリングは一人で黙々と行うスポーツのように感じるかもしれません。

しかし、実際に始めてみてすぐに分かったのですが、ボルダリングは他の人とのコミュニケーションもしっかり取ることができるスポーツだとすぐに感じました。

下で見守ってくれる人のアドバイスが早く確実に登ることができるポイントになり、自然とコミュニケーションを行う環境になっていきます。

また、もし落下したときのことを考慮して、下で受け止める役目を行ってくれる人がいます。自分の体を預けているという役目もあり、こうした面も強いコミュニケーションの一つになっています。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ