【スポーツ口コミ】ボクシングの減量はダイエットに応用できるか

【スポーツ口コミ】ボクシングの減量はダイエットに応用できるかboxing

【ボクシングの減量の現実は甘くない】

私はプロボクシングの経験者ですが、よく「減量やってるんだったら簡単に痩せる方法を教えてよ」ということを女性から言われます。

女性にとってボクサーの減量は美を追求する手段の一つとして映っているようです。

論理としては理解できます。

しかし、現実はそんなに甘くないのです

減量とはダイエットではなく、文字通り減量なのです。

身を削り、対戦相手を叩きのめすべく走り、殴り、汗を流すのが格闘家の減量です。

そこにスリムになって綺麗になりたあーいみたいな平和な空気は漂っていません。

【ボクシング選手の減量】

さて、減量で具体的に何をするかと訊かれると、試合の2週間前あたりから食事を減らしていきます。

減らし具合は選手の体質によりますが、1週間前になると大抵の選手が水を抜くことになります。

食べ物を減らしただけでは体重が落ちないからです。

この水抜きがボクサーの難敵となります。

というのも、空腹に耐えられる人は結構いるのですが、渇きには耐えられないという方がほとんどだからです。

計量数日前にはもっと悲壮感が増していきます。

水を飲むと簡単に体重が増えてしまうので、氷を飴代わりにして喉の渇きをごまかします。

ごまかすだけです。

潤してはいけません。

屋外で雨に降られたら急いで避難しないといけません。

渇いた体が雨水を吸ってしまうからです。

そのようにして最後はカラッカラの状態で秤に乗ります。

テレビで世界戦をやっているような選手だと10キロ近く落とす人もザラにいるので、大抵の人が地獄のような減量を潜り抜けているわけです。

【ボクシングで痩せたいなら】

さて、これを一般人に応用できるかという話になると……おそらく無理ではないかと思います。

ボクサーは一時的に体重を落とすのは得意ですが、無理なく継続的にスリムな体を保つのは案外苦手なのですね。

減量が終わると5キロぐらい太って試合に出る人もままいます。

そういったわけで、もしボクシングで痩せたいのであれば、縄跳びやサンドバッグ打ちを続けることです。

大切なのは適切な運動を長く続けることですね。ダイエットに近道は無いのです。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ