手持ちのカードを順番に場に出して早く手札を無くすことを競うカードゲーム【大富豪】のルール、費用、必要な道具など

手持ちのカードを順番に場に出して早く手札を無くすことを競うカードゲーム【大富豪】のルール、費用、必要な道具などhqdefault

大富豪もしくは大貧民(だいひんみん)は、トランプを使ったゲームの1つです。

海外の類似したゲームとして「争上游」「闘地主」「鋤大D」「ティエン・レン」「アスホール」「グレートダルムチ」「ティチュ」「アーシュロッホ」なども存在するようです。

【大富豪の基本のルールについて】

  • カードをプレイヤーにすべて配り、手持ちのカードを順番に場に出して早く手札を無くすことを競うゲームです。
  • 一般的に3-6人程度でプレイするのに適しているが、7人以上や2人でもルール次第ではプレイ可能のようで、ただし1人ではゲームが成立しません。
  • 前回順位が次ゲーム開始時の有利不利に影響します。
  • 一度負けると簡単に地位を覆せない点が特徴で、勝者をより有利にするゲーム性から「大富豪」という俗称が付いたようです。
  • 他にローカルルール(地方ルール、独自にアレンジされたルール)が数多く存在することも大きな特徴であり、カード交換時の条件、特殊な効果を持つカードの設定、及び特定条件を満たす事による順位・カード価値の総交代などが存在します。
  • こうしたローカルルールはゲームに変化を付けたり、カード交換を行うといったゲームの性格上から上位のプレイヤーが勝ち続けることを抑制したりする効果があります。

主に大富豪或いは大貧民と称され、他にど貧民、階級闘争、人生ゲームとされることもある。

関東圏では「大貧民」、関西圏では「大富豪」と呼ぶ傾向が存在するという説もあるようですね。

ど貧民という呼称は関西圏で見られる呼称で、大貧民を俗な言い方に置き換えたものと考えられています。

階級闘争については作家の三田誠広によると学生運動が下火になった時期、運動を離れた学生の間で親しまれていたといい、ごく稀に人生ゲームと呼ばれる事もあります。

同様にゲームで使用される用語についても複数の場合が存在しているようです。

【大富豪に掛かる費用や用品について】

大富豪で使われる用品は基本的にトランプになりますので、それほどお金も掛かりませんし、みんなで楽しめるカードゲームのひとつのだと思います。

賭け事で、行われることもあるようですが基本的にはレクレーションや学校の休み時間、家族でなど、身近に楽しめるゲームではないでしょうか。

【大富豪が出来る場所は?】

大富豪が出来る場所をは全国でもたくさんあるようです。

基本的にはトランプがあれば、誰でも簡単に出来ます。

ルールも地域のよっては多少の違いがあるようですが、基本的には同じなので少し覚えれば子供から大人まで楽しめる娯楽だと思います。

【大富豪の動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ