手で行うスカッシュに似たスポーツ【イートンファイブス】のルール、費用、必要な道具など

手で行うスカッシュに似たスポーツ【イートンファイブス】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-3_20-56-16_No-00

イートンファイブスは手で行うスカッシュに似たスポーツです。

馬小屋のような三方を壁に囲まれた場所で素手のみで打ち合う男性向きの球技です。

オーデナムにも8つのコートがあり、みんな熱心にプレーしています。

ファイブスという名称の起源は定かではなく、おそらくは「5本の指」のみでプレーする意味からファイブスと呼ばれるようになったと思われています。

歴史に残る最古の試合には、1885年にイートン対ハローの対抗戦があります。

現在でも毎年開催されているのが、イートン校でのKinnaird杯争奪トーナメントがあります。

近代サッカーのルールをまとめたのは英国パブリックスクールだそうです。

その歴史の中で、燦然と輝く記録を持つのは、イートン校のキニアード公です。

世界最古のサッカートーナメントである、英国FA Cupの決勝に9度出場し、5度優勝したという伝説の人だそうで、その名を冠したこの”Eton Fives”トーナメントで、イートン校が優勝することができたそうです。

日本人留学生の中にももオーデナムに滞在中は、様々なスポーツを通して英国の歴史に触れて成長してもする方も多いようです。

【イートンファイブスの基本のルール】

  • 基本的には手で行う以外、スカッシュに似ています。
  • イートンではスポーツがすごく人気でも、だいたいが日本ではマイナーなほとんど名前すら聞いたことがないものが多いようです。
  • スカッシュまでは知っている方も多いと思いますが、イートンファイブスはゴムボールを壁に当てて手で打ち返すというスポーツで、ひたすらボールを壁当てするスポーツのようです。
  • 残念ながらルールという正確なものはイートン校の人でないとあまりわからないようです。
  • イートン生の中にもあまりルールをわかっていない人も多いようですので、明確にははっきりしていません。
  • イートンファイブは名前自体も日本人には聞かない名前ですが、簡単に言うと創立近くから続くイートン校の伝統スポーツだということです。

【イートンファイブスに掛かる費用や用品について】

基本的にはゴムボールを壁に囲まれたコートで素手で打ちあうだけのスポーツですので、これといった道具などは必要ないようです。

日本で行うとすれば条件のいい場所とゴムボールさえあればできます。

【イートンファイブスが出来る場所は?】

出来る場所についてですが、本格的にイートンファイブスをしてみたい!というのであればもうイートン校へ行くしかありません。

日本では全く行われていないようなスポーツですので、習うことは難しいようです。

ただ必要なものであったりルールとしてもあまり明確でない分、どこか場所を設けることによっては行えるスポーツです。

【イートンファイブスの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ