上半身に胴着を着、投げだけで行われる柔道に似たウズベキスタン発祥の格闘技【クラッシュ】のルール、費用、必要な道具など

上半身に胴着を着、投げだけで行われる柔道に似たウズベキスタン発祥の格闘技【クラッシュ】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-8_15-8-24_No-00

クラッシュは、上半身に胴着を着て行う投げだけで行われる柔道に似たウズベキスタン発祥の格闘技です。

ウズベキスタンの国技のようですね。

現在の形はウズベキスタンが1991年ソ連から独立したのを契機として従来の民族格闘技を超えて、国際的競技に脱皮しようという意見が持ち上がった際に、クラッシュ関係者を中心として柔道関係者、サンボ関係者を交えて研究を重ねた結果形成されたものです。

ちなみに現在、トルクメニスタン、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンなどの中央アジア地域を中心に盛んに行われているスポーツで、競技人口は100万人を超えているようです。

まだまだマイナーなスポーツですが、これから日本でも流行ってきそうなスポーツです。

【クラッシュの基本のルールについて】

では一体どのようなスポーツなのでしょうか。

  • クラッシュはウズベキスタンの国技でルール的には柔道とよく似ています。
  • 道衣を着用して投げ主体で闘う格闘技です。
  • ただタックルや寝技ができないので、相手を倒すことがメインのようです。

【クラッシュに掛かる費用や用品について】

必要なものとしては上半身だけ胴着のようなものを着用しますがあとは素手で行うのでお金もあまり掛からないスポーツだとおもいます。

胴着の値段としても10000円以内では買えます。

柔道のように上下揃える必要の無い分を考えると少しは安く済みますね。

あと、練習の際には動きやすい服装などがあれば十分だとおもいます。

【クラッシュが出来る場所は?】

日本では、関東や関西を中心にクラッシュの道場が何箇所かはあるようです。

もともとは、ウズベキスタンの国技なのですが、旧ソ連で盛んだった競技なのでロシアのほか今回開催されるカザフスタンでもかなりの人がやっているそうですね。

毎回、大会にもかなりの人数が招待されて年々、人口も増えつつあります。

日本であまり知られてはいませんが、向こうでは有名な選手も多く集まる大会なそうなのでちょっとした格闘技のお祭りのような大会になっているようです。

柔道の盛んな日本にとって少し身近なスポーツでもあるクラッシュです。

体験などや見学などは無料で行っているスクールもあるようなので、興味がる方は一度、体験してみてください。

【クラッシュの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ