【スポーツ口コミ】格闘技する事で走らなくても痩せる?

【スポーツ口コミ】格闘技する事で走らなくても痩せる?fightingsport

【格闘技はダイエット向きスポーツ】

格闘技案外ダイエット向きのスポーツかもしれません。

というもの、格闘技は長距離を走らなくても汗をかく事ができるからです。

よくプロ選手が汗を流し、もの凄い形相で走っている映像がテレビで流れたりしますが、一般人の方がダイエットをする場合、あのような姿勢でトレーニング臨まなくてもいいわけです。

ましてやウィダーインゼリー一個で丸一日過ごさないといけないという事もありません。

それは本当にプロの選手がやる節制です。

【ダイエットにお勧めの格闘技】

個人的なオススメだと、サンドバッグをひたすら叩き続けるのはかなり良いダイエットになります。

サウナスーツを着込んで(ジャージの上下でも構いません)サンドバッグに連打を放つとすぐに汗が噴き出してきます。

事前に縄跳びをしておくとより発汗しやすくなるのでオススメです。

後は嫌いな人の顔でも思い浮かべ、ありったけの憎しみを込めてパンチを打ちまくって下さい。

そうすると単にストレス解消だけでなく、短時間で大量の発汗が期待されます。

これが終わったらトレーナーにパンチングミットを持ってもらいましょう。

かなりキツいと感じるかもしれませんが、大抵のトレーナーはあなたがミット打ちをやり遂げるよう励ましてくれます。

これも日頃の鬱憤を込めて拳を放っていきましょう。

誰もあなたが思い浮かべた人を見る事はできませんから。

ミット打ちが終わったらかなりキツいはずです。

余裕の無い人は一旦呼吸を整えましょう。

かなり疲れるでしょうが、同時にやり遂げた爽快感も味わえるはずです。

呼吸が整ったらまたサンドバッグ打ちに戻ります。

ここで大量の発汗が期待されます。

なんとか頑張りましょう。

スリムな体型を手に入れるためです。

以上のトレーニングを積んだら体力が付くだけでなく、脂肪もかなり燃焼します。

さらに継続していけば筋肉が付き、より痩せやすい体が手に入るという寸法です。

【格闘技は、ダイエットとストレス解消を兼ねる事が出来る】

このように格闘技はストレス解消とダイエットを兼ねる事ができます。

同時に二つやりたい人がほとんどだと思いますので、気軽にお近くのジムを探してみて下さい。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ