畑の用水路の泥の中をシュノーケルで進撃していくタイムトライラルレース【沼シュノーケリング】のルール、費用、必要な道具など

畑の用水路の泥の中をシュノーケルで進撃していくタイムトライラルレース【沼シュノーケリング】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

沼シュノーケリングはイギリス発のユニークなエクストリームスポーツです。

その名も「沼シュノーケリング」。

その名の通り畑の用水路の泥の中をシュノーケルで進撃していくタイムトライラルレースで、実に30年以上もの歴史があるようです。

エルヴィス・プレスリーなど様々な仮装をして挑戦するのも特徴で、綺麗な海や川でのシュノーケルとは違う新感覚を味わえることまちがいなしのようです。

世界沼地シュノーケリング選手権(WORLD BOG SNORKELING CHAMPIONSHIPS)というイギリス・ウェールズで行われる、沼地でシュノーケリングをするイベントがあるようです。

1985年に初めて開催された世界沼地シュノーケリング選手権は、毎年8月に行われ、今回で第29回を迎えるようですね。

世界沼シュノーケリング選手権は、ウェールズ・ポウイス郊外のWAEN Rhyddの湿原、濁った沼で行われます。

参加者はマスクやゴーグル、シュノーケル、足ひれを着用し、爪には間違いなく泥がつまるようです。

有機物が腐敗した泥の臭いとも戦う必要があり、湿原の自分の下に広がる暗い水にめげず、60ヤードのコースを往復します(120ヤード)因みに、現在のチャンピオンの記録は、1分23.13秒で、北アイルランドの18歳の男性が記録保持者のようです。

【沼シュノーケリングの基本のルールについて】

  • ルールは簡単で、用水路の中をシュノーケルで進んでいきます。
  • 因みに、水泳方法は使ってはいけないようで、犬かきのように進むことになります。
  • そのタイムを競うといった、シンプルなルールなんですが、さて、なにが大変なのか。

それは、進んでいく水にあるようです。

なんて言ったって潜る水は、畑の用水路の中。

潔癖の方ならまず、参加できないスポーツしょう。

泥水ですので、身体についた有機物の腐敗した匂いなどは全身にまとわりついて、なかなかとれません。

ただ、普通の綺麗な海や川で見るような景色とは全く異なりますので、一風変わった世界を味わえることでしょう。

【沼シュノーケリングに掛かる費用や用品について】

必要なものは、シュノーケルです。

あと、沼シュノーケリングでの服装なんですが、仮装も重要なようで、大会のためにみなさん誠意いっぱいの仮装をしてきます。

沼にはいるのに?と思うかもしれませんが、ここも沼シュノーケリングの醍醐味なのかもしれませんね。

でも、基本的にはそれほどお金もかからず、誰でも簡単に楽しめるようなスポーツです。

【沼シュノーケリングが出来る場所は?】

現在、日本では泥シュノーケリングの大会などはまったく、行われていません。

あまり、日本人はしないスポーツででしょう。

調べてみたところ、世界沼シュノーケリング選手権はイギリスなどで行われているようですが、世界の果てまでイッテQなどで芸人の宮川大輔さんはこの大会にでたそうです。

優勝は出来なかったようですが、日本にないユニークな沼シュノーケリングですので、興味のある方は一度ご覧になってみてもいいかもしれません。

【沼シュノーケリングの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ