【スポーツ体験談】11人でのんびりとポタリングをしてみました

【スポーツ体験談】11人でのんびりとポタリングをしてみました

ポタリングとは?

ポタリングって、なかなかなじみのない言葉ですが、要はサイクリングみたいなもんです。

ではサイクリングとどう違うのでしょうか。

サイクリングは自転車で遠くまで目的地を決めて行きます。

それに対して、ポタリングは自転車を使ったお散歩みたいな感じです。

ポタリングはPOTTER(ぶらつく、のんびりする)にINGをつけた俗語です。

サイクリングよりも、ゆる~い感じではじめられますよ。

ポタリングのんびり体験

いつものサイクリングのメンバーに今回、ポタリングをしようと提案してみました。

11人のうち、ポタリングを知ってるのは2人だけでしたが、説明の時間はかかりませんでした。

さあ、目的地もなく足の向くままのんびりと出かけました。

サイクリングと違って、急いではダメという暗黙のルールが出来ています。

みんなそれぞれ、コンビニでアイスを食ったり道の駅で焼きそばを食ったり自由気ままに過ごしていました。

ちょっとイライラする私も今回はポタリングだから、といって自分の中でサイクリングとポタリングを区別させていました。

あまりにのんびり走る我が集団は信号機のたびにママチャリに抜かされていきます。

自転車専用道路なら爽快にシャーって行けるのに今回は一般道路を通っていました。

一般道で11人は貧乏暴走族みたいで、周りの視線が気になりました。

中にはチンドン屋を見るように、ワクワクしながら覗く人もいました。なにもでてきませんけどね。

ポタリングの動画

 

ポタリングからサイクリングへ

歩道からはみ出した電柱をよけるために、11人が1列になってもごもごしながら、前に進む姿に何となく苛立ちを感じてしまいました。

そこで、先頭の私はちょっと早く走ってみました。

するとそれに合わせて段々みんなのスピードも上がってきて、やがては、サイクリングのようになってきてました。

完全に「ぶらつく、のんびりする」ではなくなったのです。

やはり、集団でのポタリングは道路を占領する感じで申し訳ないので不向きですね。

3人ぐらいでのポタリングやデートでなら、楽しそうですね。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ