【スポーツ口コミ】日本ではあまり知られていないスポーツ!ポイントは壁!?アメリカでは人気のラケットボール!

【スポーツ口コミ】日本ではあまり知られていないスポーツ!ポイントは壁!?アメリカでは人気のラケットボール!racquetball

【ラケットボールとは?】

スカッシュというスポーツはご存知ですか?すこし似ています。

全面壁に囲まれた部屋の中でプレーします。

使うものは、テニスボールより小さいゴムボールとテニスラケットをワンサイズ小さくしたようなラケットです。

ルールは、ワンバウンド以内に前方の壁にノーバウンドで当てること。前方の壁なら範囲はどこでも構いません。

前方の壁に当てるために横、天井、後ろの壁も使ってもOKです。

ゴムボールはものすごく弾むので、後ろの壁に向かって打てば、前方までノーバウンドで跳ね返ります!

テニス経験のある人なら、あっという間にその魅力に引かれると思います!

天井も横も後ろの壁さえも使っていいんです

スポーツ初心者でも、細かいコントロールを必要としないのですぐに楽しむことが出来ます!

【ラケットボールは奥が深い!】

まだイメージがしにくい人もいると思います。Youtubeでラケットボールと検索すれば動画見ることが出来ます。

ダイビングしてボールを打ったり、ジャンプしてボールを避けたり、かなりハードなスポーツです。

時間当たりの消費カロリーはテニスが400Kcal、ラケットボールが800Kcalとされています。

でもそれだけではないんです!

年配の人が10代、20代の体力バリバリの人達を負かすのが珍しくないのがラケットボールです。

ラケットボールは立体型のビリヤードのようなもので、とにかく頭を使います。

ボールの跳ね方を予測しながらプレーするのですが、簡単ではありません。何しろ利用するのは天井や後ろの壁も含まれるのですから。

【やめられない面白さ】

運動音痴な人でも大丈夫なのが、ラケットボールの面白さ。前方の壁ならどこでも当てて大丈夫。

細かいコントロールなんて必要ないんです。

ただ、だだっ広い壁に当てるだけ!ラケットは比較的広く、しかも軽いんです。

運動神経に自身のある人なら、経験者相手に勝負しても面白いです。

なぜか勝てません。経験者は技術、体力以上に、戦略を使ってきます。頭をフルに使う面白さは格別です!

一度ハマるとやめられないのがラケットボールです!


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ