テニスとビーチバレーとバドミントンを融合させたようなスポーツ【ビーチテニス】のルール、費用、必要な道具など

テニスとビーチバレーとバドミントンを融合させたようなスポーツ【ビーチテニス】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-5_13-52-14_No-00

ビーチテニスはパドルと呼ばれる特殊なラケットを使ってネット越しにボールを空中で打ち合う競技です。

テニスとビーチバレーとバドミントンを融合させたようなスポーツと表現されています。

【ビーチテニス基本ルールについて】

スコアのカウント方法は、通常の硬式テニスと全く同じです。

パワーを使ってショットを決めるよりも、いかにボールをコントロールするかというテクニックを重要視しています。

  • ドロップやロブを使い相手の陣形を崩してポイントを奪いあいます。
  • ただ硬式テニスとの相違点もあり、ボールが地面についた時点で失点となったり、サーブは一本のみしか打てなかったり、コートからアウトしたり、ネットにかかった場合は失点になります。
  • 尚サービスレットはないので、ネットインはそのままプレーを継続する形になります。
  • フォアサイド・バックサイドといったサービスエンドの概念が無いためサーブはサービスライン上であればどの場所から打っても良い。
  • また、レシーブは誰がしても良いようです。
  • コートチェンジの際に、対戦相手同士がハイタッチをするといったこともあります。

【ビーチテニスに掛かる費用や用品について】

ビーチテニスをするにあたって必要なものはまずパドルラケットです。

こちらは約10000円代から購入できます。

後、ビーチで行うスポーツですので裸足になるため、サンドソックスという灼熱のビーチから足を守る靴下も必要になります。

こちらは約2000円くらいです。

日本専用にできたネットセットというものもありますが、こちらは50000程度で購入できるそうです。

ただ、ビーチテニスを一回500円くらいで体験することができる教室みたなものがあるのでそちらで問い合わせるとビーチテニスを教えてもらいながらラッケット等もレンタルできますので、お得に出来ると思います。

【ビーチテニスが出来る場所は?】

日本でのビーチテニスが出来る場所は近年増えつつあります。

現在でも全国各地に多数あり、ビーチテニスの認知度も上がっているみたです。

日本ビーチテニス連盟では、積極的にビーチテニス競技の普及に勤めているようで、ビーチテニス競技が出来る場所を皆さんで作っていく活動が行われているようです。

【ビーチテニスの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ