バスケットボールと似て非なるスポーツ競技【コーフボール】のルール、費用、必要な道具など

バスケットボールと似て非なるスポーツ競技【コーフボール】のルール、費用、必要な道具などhqdefault

コーフボールは、バスケットにボールを入れることを競うスポーツ競技です。

バスケットボールと違ってバスケットの後ろに板が設置されていないポールを使用します。

主に、このスポーツが発明されたオランダで行われているようで、男女それぞれ4人ずつ計8人が1チームとして、同じコートに入って競技します。

【コーフボールの基本のルールについて】

  • 基本的なルールとしてドリブルは禁止です。
  • バスケットボールとの違いがたくさんあり、男女混合で出来るスポーツでもあります。
  • ゴールの周り360°どこからでもシュートができるため、スペースの使い方がポイントととなります。
  • ドリブルが禁止されているので、ヘッドアップしてパスを出す相手をしっかり探せる為、空間的知覚を学習する教材にも適しているようです。
  • 男女混合の1チーム男4、女4の計8人で行われ、ドリブルができないためパス中心のゲーム展開になります。
  • 前半30分ハーフタイム10分後半30分で行われます。

【コーフボールに掛かる費用や用品について】

コーフボールに使われているボールはどうやらバスケットボールでは無いようです。

通販などでも探したのですが、残念ながら出てきませんでした。

ただサッカーボールに似た模様の軽い柔らかい素材を使っているように思えました。

服装は、動きやすい服装だと大丈夫だとおもいます。

【コーフボールが出来る場所は?】

コーフボールはオランダではみんな知っているような球技のようですが、実際のところあまりどの国でも知られていないスポーツだと思います。

日本でもコーフボールの日本代表を臨時募集しているようなので、すぐになれそうな気もします。

ここ5年程度で東京を中心に関西地方にまでコーフボールの体験教室などが入ってきたようですが、まだまだ日本での認知度は低いようです。

まあ男女混合で出来るということもあり、小学校や中学校などの授業の一貫として取り入れてみるのには最適なスポーツかもしれません。

【コーフボールの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ