ラクダの乗っておこなうポロ競技の一つ【ラクダポロ】のルール、費用、必要な道具など

ラクダの乗っておこなうポロ競技の一つ【ラクダポロ】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

ラクダポロはドバイ起源のスポーツのようです。

ガルフ・ベンチャーという場所が主に、ラクダポロの練習を行っているようですね。

熟練のスタッフが歓迎してくれる芝生で、このスポーツの基礎を教われるようで、短いレッスンがあります。

そのあとすぐ、ラクダに飛び乗って笑いと楽しみに溢れるゲームに繰り出しされるようです。

会社での行事や家族でのお出かけにピッタリなスポーツのようです。

【ラクダポロの基本のルールについて】

基本的にラクダポロはチーム競技でのようです。

  • 1チームは通常4人で構成されていて、メンバーはラクダに乗ります。
  • スティックのようなもので、球を打ちます。
  • この球を相手チームのゴールに運べば得点となります。
  • 競技時間は7分間のチャッカーが6回で、1人の選手は試合中4頭までラクダを替える事ができるようです。
  • また、一頭のラクダを連続する2つのチャッカーに続けて出すことは出来ません。

【ラクダポロに掛かる費用や用品について】

ラクダポロに必要なものとして基本的にはラクダがいります。

あとは、広い競技場での練習場所の確保や、必ず、競技者は騎乗出来る方でないといけないようです。

1人につき、最低で二頭のラクダが必要条件だったりもします。

なかなか、大変ですね。

まず日本ではできないでしょう。

【ラクダポロが出来る場所は?】

では、そんなラクダポロはどこでできるのでしょう?

ラクダがいない日本では、ラクダポロを経験するのは困難なことです。

やはり、旅行先など海外へ行くしかなさそうです。

ちなみにラクダレースを満喫するには、アル・リサイリ・レーストラックが現代的にアレンジされたエミレーツのスポーツの真髄を観戦するのに最適なようです。

10月から4月初めまで、最速のラクダはトラックを時速55kmほどで走ることができます。

サイドラインでは熱狂的なトレーナーが4WDに乗って、音声制御の超軽量ロボット・ジョッキーに指示を出しています。

砂と高い柵に挟まれて、観覧席から観戦するのはまたとない経験になりそうですね。

【ラクダポロの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ