帆の表面を流れる風による揚力を動力として水上を滑走すること又はその技術を競う【セーリング】のルール、費用、必要な道具など

帆の表面を流れる風による揚力を動力として水上を滑走すること又はその技術を競う【セーリング】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

セーリングは帆の表面を流れる風によって生ずる揚力を主な動力として、主として水上を滑走すること又はその技術を競う競技です。

セーリングに用いるキールの形状は、キャビンを備えるものから、ボート、ボードなどに至るまで多様であり、セーリングをヨットと同義とする記述が一般的であったようですが、国際セーリング競技規則の名称に”セーリング”との呼称が採用されたことを契機として、セーリングとの呼称が定着しつつあります。

ヨットという呼称は、セーリングに用いる艇種の一形態として用いる傾向が顕著であるようです。

【セーリングの基本のルールについて】

  • 現在では、オリンピックの競技種目としてのセーリング競技以外にも、アメリカスカップに代表されるように、多様なセーリング種目及び艇種が存します。
  • 競技に適する地理的条件及び気象的条件がオリンピックの開催地及び時期に適合させることに困難を伴う競技形態もあることを要因とするものとされます。
  • このように個別の競技種目としては、4年毎の開催が不安定要因となり、選手を養成する基盤にも影響していて、競技支援の公平性の観点から、非オリンピック種目について厚い選手強化の基盤整備の必要性が指摘されています。

【セーリングに掛かる費用や用品について】

セーリングではが必要となるため、やはりお金はかかります。

海で行われる競技となればそれなりにもいろいろと準備も必要となってきます。

そのため、簡単に出来るスポーツかと言われるとそうではなさそうです。

【セーリングが出来る場所は?】

日本でもセーリングが出来る場所は全国的にもたくさんあるようです。

実際、セーリング協会などがセーリングの団体を作っていたりしています。

会費などもかかるようですがセーリングの練習を本格的に行っているため、良い体験にはなりそうです。

もし、セーリングに興味がある方は、近場にあるセーリングの団体を探してみると良いかもしれません。

オリンピック競技としても、流行っているセーリング、一度は体験してみたいです。

【セーリングの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ