【スポーツ体験談】フリスビーがあれば多人数で遊べる!アルティメット!!

【スポーツ体験談】フリスビーがあれば多人数で遊べる!アルティメット!!sports_ultimate

【アルティメットの遊び方】

私が体験したスポーツの中で知名度はすくないですが、実際に大会などが開かれているスポーツがあります。

名前は、アルティメットといいます。

アルティメットに必要なものは、平地のグラウンド、1つのフロスビーだけです。

遊び方はかんたんです。

グラウンドについては、ラグビーのグラウンドからポールを排除した形をイメージしてください。

そのグラウンドでフリスビーを仲間同士でパスをし、相手陣地に運んでいくというふうに試合が展開されます。

ゴールは、ラグビーのトライをイメージしてください。

しかし、味方がパスを出したものを相手陣地でキャッチしなければなりません。

つまり、フリスビーを持った状態で相手陣地に入ったとしてそれはゴールとは認められません。

【アルティメットには、様々なルールが存在する】

アルティメットには公式ルールがあります。

1、ラグビー同様前方へのパスはしてはいけません。

2、フリスビーを地面に落としたり相手にキャッチされた場合は相手に攻撃権が移ります。

、フリスビーを持ったまま歩けるのは3歩までです。

4、見方がパスをしてから相手陣地に入らなければなりません。(サッカーのオフサイドのような感じをイメージしてください)

5、味方が投げたフリスビーが相手側にはじかれ地面へ落ちた場合は最後に触ったのが相手側なので、攻撃権は味方側になります。

以上がアルティメットにおけるルールです。

しかし、アルティメットには特別ルールなど、様々なルールが存在します。

例えば、後ろの見方にしかパスを出してはいけないというルールを無くすことや、相手陣地に入っていてもパスを出してゴールを決めていいといったルール改正を行うことで初心者の方でも楽しく遊べることができるようになります。

慣れてきたら徐々にルールを増やしていくというやり方もよいでしょう。

【アルティメットの大会に審判がいない】

アルティメットの大会では、審判がいないという点も特徴的であります。

完全に自主性で、スポーツマンとしての真の気質を問われるスポーツでもあり、今後学校などの授業にも積極的に取り入れられる可能性も十分に考えられます。

以上がアルティメットという変わったスポーツの紹介でした。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ