人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンをかけるスポーツ?【エクストリームアイロニング】のルール、費用、必要な道具など

人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンをかけるスポーツ?【エクストリームアイロニング】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-3_21-34-36_No-00

エクストリームアイロニングは人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンをかけるエクストリームスポーツです。

このスポーツのプレイヤーはアイロニストと呼ばれます。

競技人口は公式発表では400名位で、実際は世界でも50名位で日本では7名位しかいないと言うマイナーなスポーツです。

【エクストリームアイロンニングの基本ルール】

  • 極限状態の場所で平然とアイロン台を出し涼しい顔でアイロンがけを行うことが基本原則とされております。
  • 衣類のシワを伸ばすと言う本来のアイロンがけの目的は重要視されていないため海中や砂漠の真ん中もこのスポーツの舞台となります。
  • エクストリームスポーツを行う刺激とアイロンをすっきりとかけた時に得られる満足感を組み合わせたものです。
  • 競技人口は欧米を中心におよそ400人とされています。
  • エクストリームアイロニングは明確に競技のルールが決まっているわけではないので大会ごとに開催場所などによって決められます。
  • 一般的には3つの点で決まっており技術、芸術、タイムによって競われます。

【エクストリームアイロニングにかかる費用や用品について】

日本でもエクストリームアイロンニングジャパンが存在しサイトでは公式用具として無印良品のスチールメッシュアイロン用として無印良品のスチールメッシュアイロン等をすすめています。

【エクストリームアイロニングができる場所は?】

行う場所としては難感度の高い山の斜面や森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中や大きな銅像の頂上、大通りの真ん中などがあります。

アイロンがけの目的をほとんど無視してスキューバーダイビングをしながら行うこともありパラシュートやの氷の上でも行われました。

ちなみに日本ではエクストリームアイロニングジャパンが存在しているので興味のある方はそちらで参加をしてみると良いです。

参加費も無料になっています。日本ではまだまだ広がっていないスポーツなので一足先取りして始めてみてはいかがでしょうか。

【エクストリームアイロニングの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ