【スポーツ口コミ】1回210円で始められるディスクゴルフ!

【スポーツ口コミ】1回210円で始められるディスクゴルフ!discgolf

ディスクゴルフは、フライングディスクを投げることができれば誰にでも楽しめるスポーツです。

ルールも簡単で、はじめはひとり1枚のフライングディスクがあればプレーできます。(ゴルフよりも料金が低価格で、初心者でも楽しめます)

ボールの代わりにフライングディスク使用します。

ディスクを投げることさえできれば誰でもできるという手軽さが魅力となります。

あまり知られてはいませんが、日本全国49の公園にJPDGA(日本ディスクゴルフ協会)公認コースが設置いるそうです。

東京都立川市の「昭和記念公園」は国内有数のディスクゴルフコースがあります。

全18ホールが用意され、国際大会も開催されている超本格的施設となります。

3時間210円でディスクレンタルができるので、「試しに1回・・・」という方にはオススメです。

また今後利用できる場所が増えており、ゴルフ場でゴルフと合わせて体験できるようになるかもしれません。

【基本項目】

1投目はティー・ラインの後ろから投げ、2投目以降は、ディスクが止まった地点にマーカーディスクでマークし、そこから投げます。

ディスクは投げるだけでなく、転がしてもすべらせてもかまいません。

また、飛行性能の異なるディスクを何枚か用意し、1投ごとに状況に応じたディスクを使い分けることもできます。

【投げる手順】

1番ホールのティー・ショットはじゃんけんで順番をきめ、2投目以降はゴールより遠い人から先に投げます。

2番ホール以降のティー・ショットは、前のホールでスコアの良かった人から順に投げます。

もし、同スコアの場合は、さらに前のホールにさかのぼり、スコアの良い人から投げます。

【OBと罰則】

OB区域内(道路上や川、立入禁止区域など)にディスク全体が止まった場合はOBとみなし、1ペナルティが課せられます。この場合は、OB区域に入った地点から次のスローをします。

木の上にディスクが止まった場合は真下にマークをし、そこから通常のプレーを続けます。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ