【スポーツ体験談】私の経験した少し変わったスポーツ「フットベースボール」

【スポーツ体験談】私の経験した少し変わったスポーツ「フットベースボール」footbaseball

「フットベースボール」

みなさんは聞いたことありますか?

きっとフットベースボールを知っているという人は多いと思います。

でも私が経験していたフットベースボールはきっと知らない方が多いのですが、とても楽しくてたくさんの方に知っていただき広めたいなと思いましたので違いをいくつか紹介します。

【フットベースボールは面白い】

私の地元近辺でしか行われていなくて、普通のフットベースボールよりも絶対に面白いと思うのですが、なかなか違う地域には広まらないみたいです・・・。

【フットベースボールのルール】

まず一番の違いはピッチャーがいる所ですね。

ベースの上にボールを置いて蹴るというのが、みなさんの知っているフットベースボールだと思います。

ですが私の経験したフットベースボールは、ピッチャーがいていろんな球種を投げてきます。

その球を蹴り返すことで、ゲームがスタートします。

ストレートを始め、打者の左側から来るカーブ、打者の右側から来るシュート、急速を落とすチェンジアップの4種類が基本的です。

もちろんピッチャーの所には、ソフトボールや野球で言うマウンドがありますよ。

そしてピッチャーがいるという事は、キャッチャーもいます。

このフットベースボールでもバッテリーが存在するという事になりますね。

そしてバッター(打者)がいるので、バッターボックスもあります。

バッターボックスから出てボールを蹴ってしまうとバッターはアウトになります。

ピッチャーという守備が増えてしまうのに試合に出ることがてきる選手は、10人です。

普通のフットベースボールだと選手は11人で試合をしますが1人少なくなります。

守備位置はソフトボールや野球とほとんど似ています。

1、ピッチャー

2、キャッチャー

3、ファースト

4、セカンド

5、サード

6、ショート

7、右ショート

8、センター

9、レフト

10、ライト

と、なります。

右ショートが増えました。

通常のフットベースボールとは、少し違いますね。

また基本的には、ファーストのダブルベースはあまり使用されず塁ベースと同じものが、フェアラインの内側に置かれています。

ディフェンスラインというのも存在しません。

見た目だけで、これだけの違いがあります。

細かいルールを言えばもっと違いますが、それはマニアックすぎるので次回があるときに…。

【フットベースボールはスリルがある】

止まっている球を蹴るより、動いている球を蹴るほうが、反動で遠くに飛ばすことも簡単になりますし、どの球種が来るのが心理戦をしながら戦うのでスリルがありますよね。

フットベースボールをする事があれば、ぜひ動いている球を蹴ってみて下さいね。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ