『ポケットモンスター』シリーズ内でのポケモンバトルを再現したカードゲーム【ポケモンカードゲーム】のルール、費用、必要な道具など

『ポケットモンスター』シリーズ内でのポケモンバトルを再現したカードゲーム【ポケモンカードゲーム】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

ポケモンカードゲームは『ポケットモンスター』シリーズ内でのポケモンバトル再現したカードゲームです。

ただ、ゲーム版を原作としているわけではなく、ゲームボーイソフトの『ポケットモンスター 赤・緑』と同時開発されていたようで、設定の相違が度々発生しているようです。

任天堂ブランドのゲームを題材として任天堂が製造しているのに、発売元が任天堂でないという矛盾点もあり、これはゲーム版発売前の段階で打診されたときに、まだポケットモンスターの評価があまり高くない時期であった時に「製造は請け負うが、発売元としてのリスクは負わない」という見解が任天堂から出たためのようです。

製造元として、任天堂のウェブサイトにポケモンカード製造風景が掲載されたこともあったようですね。

【ポケモンカードゲームの基本のルールについて】

  • ルールは、対戦は基本的に2名のプレーヤーにより、1対1で行われます。
  • スタンダードデッキでは、「基本エネルギー」および特別なカードを除き、同名のカードを4枚まで入れられます。
  • サイドを6枚おいて対戦を始めます。
  • ハーフデッキでは、同名のカードを2枚まで入れられ、サイドを3枚おきます。
  • プレイルールとカードの効果が矛盾する場合は、カードの説明文を優先するようです。
  • 1ターンに複数のエネルギーをポケモンにつけたり、飛び級の進化もできるのはこのためのようですね。
  • 「○○する」という効果と「○○できない」という効果が重なった場合は後者を優先します。
  • 「ワザのダメージを受けない」という効果と「かかっている効果の計算をしない」という効果が重なった場合も後者を優先するようです。

【ポケモンカードゲームに掛かる費用や用品について】

ポケモンカード自体は現在でも、いろいろな販売店で購入できます。

ただ、レアなものもあればあまり人気のないカードもありますので本格的に集めるとなるとお金もかかるかもしれません。

ポケモンカードゲームの人気が徐々に上がってきている現在では、まだまだカードの普及も絶えません。

パックで5枚入りなどでコンビニでも購入する事が出来ますので、初めはそこからスタートしてみてもいいかもしれませんね。

【ポケモンカードゲームが出来る場所は?】

ポケモンカードゲームの対戦を楽しむ場所は実はいろいろとあります。

ポケモンセンターで行われるイベントや、公式に行われる大きな大会をはじめ、全国のカードショップや書店、おもちゃ屋さんなどで開催されるジムバトルもあるようです。

また、同じようにポケモンカードゲームを楽しんでいるプレイヤーたちによって自主的に開かれている自主大会もいくつかあります。

最初に訪れるならやはりポケモンセンターで行われるイベントがいちばん気兼ねなく参加できると思います。

ぜひお近くのポケモンセンターのイベント情報をチェックして参加してみるのもいいかもしれませんね。

【ポケモンカードゲームの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ