コントラクトブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つ【ポーカー】のルール、費用、必要な道具など

コントラクトブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つ【ポーカー】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

ポーカーは、トランプを使って行うゲームのジャンルです。

コントラクトブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つで、心理戦を特徴とし、主にアメリカでプレイされているゲームで、ギャンブルとして行われる事が多いようです。

プレイヤー達は5枚の札でハンド(役、手役)を作って役の強さを競います。

【ポーカーの基本のルールについて】

  • ポーカーは基本的には、ハンドの強さを競うゲームで、相手をフォールドさせれば(ゲームから降りさせれば)、ハンドの強さに関わらず勝つことが出来ることから、ブラフ(ハッタリ。ベットすることによって弱い手を強く見せて相手をフォールドさせようとすること)に代表される心理戦の占める割合の高いゲームであるとされます。
  • 勝ち負けの数にはあまり意味が無く、勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするための総合的な戦術がより重要なようです。
  • また、他のプレイヤー達の仕種、表情、賭けたチップの枚数等から他のプレイヤー達のハンドの強さを予想し、自分の賭けるチップの枚数を決めます。
  • このゲームでは相手を惑わす為に、わざと驚いて見せたり、嘘をついたりする事が認められているが、実際のゲームにおいて相手の表情などを読んで自分のアクションの判断材料にする場面は、巷間で信じられているほどには多くないようです。

【ポーカーに掛かる費用や用品について】

ポーカーを純粋に遊びとして体験するなら、用品などは3000円以内などで買えます。

ただ、ポーカーは主に賭け事として行われている事が基本なので、やはりお金はかかってしまうかもしれません。

中には参加費だけで1億円もする、想像絶するポーカー大会もあるようです。

プロからアマチュアまで、様々な世界で行われているようですね。

【ポーカーが出来る場所は?】

因みに、最も手軽にポーカーをプレーできるのはオンラインポーカーです。

オンラインポーカーでは、世界中のプレーヤーを相手に、インターネットを通してポーカーの対戦ができます。

自宅で手軽にポーカーを行えるため、スキルアップの練習台としても役に立ちます。

オンラインポーカールームでは、擬似のチップを使った無料のポーカーテーブルが用意されていますので、初心者がルールを覚えるのにも最適なようです。

パソコンの進化やインターネットの普及は、現在のポーカーブームに大きく貢献していると思います。

以前はオンラインポーカールームへの登録作業といえば英語との戦いでしたが、現在は日本語に対応したオンラインポーカールームも存在します。

日本人とポーカーを隔てる壁も、ここ数年でずいぶんと低くなってきていて、現在国内外で活躍している日本のポーカープレーヤー達も、ほとんどがオンラインポーカーでルールを覚えた方々ばかりのようです。

オンラインポーカーは、入門者や初心者にとって最も身近なポーカールームといえるので、興味がある方はオンラインから始めてみてもいいかもしれませんね。

【ポーカーの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ