【スポーツ口コミ】「アメリカンフットボール」の魅力とは

【スポーツ口コミ】「アメリカンフットボール」の魅力とは

 

「アメリカンフットボール」ってどんなスポーツ?

アメリカンフットボール=アメフトですが、多くの人に言われる言葉は「ルールがわからない」です。

そういう人へは「ルールがわかる人と見ればすぐに覚えられるよ」と答えています。

ですが、そもそもルールを知っている人が非常に少ないスポーツなのがアメリカンフットボールなのです。

 

アメリカンフットボールは名の通りアメリカ由来のスポーツです。

基本的に敵チームとの陣取り合戦なので、戦争好きのアメリカ人は大好きなスポーツです。

陣をとるために様々な戦略を考えます。ですから、ルールさえわかってしまえばいいのです。

たとえ自分がアメリカンフットボールのプレイ経験は無くても、自分なりの戦略をたててゲームを見て楽しむことができます。

アメリカンフットボールのルールとは

アメリカンフットボールは11人対11人で行われるスポーツです。

オフェンスとディフェンスが完全にわかれているので、野球と同じと考えれば問題ありません。

アメリカンフットボールの特徴として、オフェンスの11人もディフェンスの11人も、それぞれ全員が個別の役割を持っていることです。

また、この役割は固定されているものではなく、状況によって毎度変わっていくものです。

 

アメリカンフットボールは球技なのですが、オフェンスの11人の中で半分の5人はボールを触ってしまえば反則になります。

そのためその5人のポジションを経験した人の中で、一度もボールを触ったことがないという人もいるのです。

アメリカンフットボールの動画

アメリカンフットボールの魅力とは

アメリカンフットボールは戦略のゲームなので、いかに相手の裏をつけるか。ということをオフェンスもディフェンスも常に考えています。

 

日本の大学では、関東も関西も一部リーグに国立大学が数多く存在しています。

その理由として、日本では大学から始める人が多いスポーツであることと、戦略を考える上で頭脳が非常に大事であることが考えられます。

しかし、頭脳と同等に重要なのは相手を凌駕するパワーでもあります。

力と力のぶつかり合いの中での頭脳船

 

一見矛盾しているように見えることですが、このバランスこそがアメリカンフットボールの最大の魅力といえるでしょう。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ