砂浜で行うサッカーの一種【ビーチサッカー】のルール、費用、必要な道具など

砂浜で行うサッカーの一種【ビーチサッカー】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-5_13-33-25_No-00

ビーチサッカーはサッカーの一種で砂浜で行うものをいいます。

ビーチサッカーはもともとブラジルで始まったそうで、この10年間で欧米に普及してきたようです。

外国では有名なサッカー選手もしばしばビーチサッカーに転向することがあり、そのことがビーチサッカーの普及の原動力になっています。

【ビーチサッカーの基本のルールについて】

基本的なルールは11人制のサッカーと変わらないようで、コートのサイズや試合時間、プレーヤーの数などに違いがあります。

  • サッカーとはルールの差異があり、サッカーの試合が1チーム11人で行われるのに対して、ビーチサッカーは1チーム5人で行われます。
  • さらに、サッカーが前後半それぞれ45分で行われますが、ビーチサッカーでは12分×3ピリオドです。
  • コートの広さについては縦37m×横28m、一般的なサッカーのコートが縦105m×68mなので面積は凡そ1/7、縦横の比率ではビーチサッカーのコートはやや正方形に近い形状であります。
  • 試合時間は12分×3ピリオドで行われ、1チームの選手数は5人です。
  • また、選手の交代回数に制限はなので、スローインとキックインを選択できるボールインバウンドやフリーキックの際に壁を作れないことであったり、試合再開後はフリーキック後に1回まで認められるバックパスと呼ばれるものなど、ビーチサッカー独自のルールもあります。
  • 特に選手の交代回数に制限はないことは大きく、11人制のサッカーを体力の衰えで引退した高齢の往年のスター選手が入れ替わり立ち替わり出場することを可能にしており、ブラジルなど諸外国では、往年のスター選手がビーチサッカー普及の原動力になっていて、往年のスター選手の受け入れ先になっているようです。

【ビーチサッカーに掛かる費用や用品について】

日本では沖縄を中心にビーチサッカーのスクールがあるようです。

ビーチサッカーなので砂浜がある場所でないと行えないですし、沖縄だと年中暖かいのでビーチサッカーには最適のようですね。

ちなみにビーチサッカーで必要なボールは4000円からするものがおおいようです。

服装などはチームによってユニホームが違ってきます。

【ビーチサッカーが出来る場所は?】

やはり、砂浜があってある程度広い場所が必要になりますね。

ただ日本には全国に数ヶ所のビーチサッカースクールが存在します。

日本ではサッカーをしていた人がビーチサッカーやフットサルに変わっていく方が多いようなのでサークルであったり趣味のような感覚やもちろん本格的に大会やリーグに出たい方まで楽しんでいただける場所が多くありそうです。

【ビーチサッカーの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ