ドッジボールをトランポリンの上で行う競技【アルティメットドッジボール】のルール、費用、必要な道具など

ドッジボールをトランポリンの上で行う競技【アルティメットドッジボール】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-8_12-48-32_No-00

アルティメットドッジボールはドッジボールをトランポリンの上で行われる競技のことです。

アルティメットとは英語で「究極」という意味があり、走る・投げる・跳ぶといった様々な能力が要求されることから、名前の通り究極のスポーツであるということから名付けられました。

【アルティメットドッジボールの基本のルールについて】

  • 5対5のチーム戦で行われます。
  • サブプレイヤー3名含め16才以上の最大8名で1チームが構成されています。
  • 使用するボールは5つです。
  • 1ゲームは3分で行い3もしくは5ゲーム実施した上でゲームの勝利数で勝敗が決まるというのが基本的なルールになります。

基本的には普通にやっているドッジボールとあまり変わりはありませんが、所謂、外野の変わりにトランポリンの壁があることや、チームメンバーの交代はサブメンバーから行うなどの違いはあるようです。

トランポリンで上下の動きが生まれるだけでなく、同時に5つのボールが存在することでかなりアクロバティックなスポーツになってますね。

【アルティメットドッジボールに掛かる費用や用品について】

アルティメットドッジボールで使用するのはボールのみになります。

基本的にドッジボールなので、自身の運動神経であったり、反射神経が大切になってきます。

しかしあくまでもトランポリンの上で行われますので、服装も動きやすい軽装がいいでしょう。

【アルティメットドッジボールが出来る場所は?】

アルティメットドッジボールはすごくマイナーなスポーツです。

日本には残念ながらアルティメットドッジボールができる施設もなく、海外でのみ行われているようです。

ドッジボール+トランポリンといった新しい競技ですが、大会の動画などはホームページ等でも挙げられており、とてもアクロバティックなスポーツで興味が湧くものです。

日本でもっともっとアルティメットドッジボールが流行れば、そういった施設もできそうですが、今のところですとまだまだ日本には入ってこなさそうですね。

是非、機会があれば体験してみたいですが。

【アルティメットドッジボールの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ