ライフセーバーが行なう、走力や反射神経を鍛えるためのスポーツ【ビーチ・フラッグス】のルール、費用、必要な道具など

ライフセーバーが行なう、走力や反射神経を鍛えるためのスポーツ【ビーチ・フラッグス】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

ビーチ・フラッグスは、ライフセービングにおいてライフセーバーが行なう、走力や反射神経を鍛えるためのスポーツのようです。

ライフセーバーの技術を競わないで行なわれることもよくあります。

ゲームはフラッグ、主に短いホースを砂に一直線上に差して行なわれます。

選手はフラッグから約20メートル程離れ、顔をフラッグと反対側に向けうつぶせに寝ます。

号砲の後、フラッグに向けて走り、フラッグを掴む。

ゲームのルールは「いすとり遊び」と似ており、常にフラッグの数は選手の数より1つ少なくなっていて、フラッグを掴めなかった選手がレースから除外され、またフラッグを一つ減らしてゲームを続行します。

これを残る選手が一人になるまで続け、最後に残った選手が勝者となり、若いライフセーバーによってよく行なわれます。

単純な競技のようですが、仲間の選手をゲームに残すために他の選手を操作するなど、ゲームはとても複雑になり、フラッグの争奪が激しくなると、選手の混乱や観客の緊張感が増します。

また、身体接触に対する厳しいルールがあり、腕を使った妨害や激しい接触は失格になることがあるようです。

【ビーチフラッグの基本のルールについて】

  • 基本的なルールとしては、海岸で後ろ向きにうつ伏せになり、両手をあごの下に置き、20メートル離れた地点に1.2メートル間隔で置かれた、競技者の数より少ないホースチューブを取り合うという競技ですが、元々はライフセーバーのスポーツなので主流に行われている遊び方としては以下のルールがあるようです。
  • まず用意するものとしては、フラッグ(チーム分)とスタート用のホイッスルんどがありますが。なければ拍手でも大丈夫です。
  • 男女混合のチーム戦でおこない、女子と男子が当たる場合は、男子はグルグルバット を10 回やってから走ります。
  • 旗 1 つにつき、1 点で、最終的に得点の多いチームが優勝します。
  • 基本的には、男女を組み合わせた方が、面白くなり、海などで定番に行われているスポーツというでしょう。
  • また、他にも、旗の数を、チームの数より 1 つ少なくすることや、旗の下に、”アタリ”と”ハズレ”をつけたり旗をとれなかった人と、”ハズレ”を引いた人は、かんたんな罰ゲームをするなどルールを変えてみることも出来ます。

【ビーチフラッグに掛かる費用や用品について】

基本的には砂浜で行われますので、軽装や水着などで行う方が大半では無いでしょうか。

必要なものも、フラッグとホイッスルがあればできますので低コストかつ簡単なスポーツだと思います。

【ビーチフラッグの出来る場所は?】

ビーチフラッグは全国どこでも夏場など、海などで行われていることは多いんでは無いでしょうか。

ビーチフラッグの遊びのルールなどは子供から大人まで簡単に楽しめるため、人数を集めることでより楽しめそうです。

まだビーチフラッグをしたことがないというかたはぜひ、一度は体験してみてください。

【ビーチフラッグの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ