楕円球形のボールを用いて1チーム18人の2チーム間で行われるフットボール【オーストラリアンフットボール】のルール、費用、必要な道具など

楕円球形のボールを用いて1チーム18人の2チーム間で行われるフットボール【オーストラリアンフットボール】のルール、費用、必要な道具などSnapCrab_NoName_2016-8-3_21-52-37_No-00

オーストラリアンフットボールは、楕円球形のボールを用いて1チーム18人の2チーム間で行われるフットボールです。

日本でオーストラリアンフットボールを統括する一般社団法人日本オーストラリアンフットボール協会によると、オーストラリアで最も人気のあるスポーツの一つであり、オーストラリアではフッティーやオージールールズとも呼称されているようです。

また、日本ではオージーボールとも呼ばれています。

インターナショナルルールで、GAAのアイルランド代表チームとの国際親善試合が実施されてます。

競技は冬にクリケット競技場で行われているようです。

【オーストラリア式フットボールの基本のルールについて】

  • オーストラリアンフットボールのグラウンドは特徴的であり、長直径135m~185m、短直径110m~150mの楕円形になっています。
  • その両端にはそれぞれ4本のポールが立っていて、中の2本の間にボールを蹴り込めばゴールで6点、外の2本の間に蹴り込めば”ビハインド”と言って1点得点することができます。
  • この大きなグランドに1チーム18人、計36人もの選手が出て戦います。
  • ボールは皮製でラグビーボールと同じように楕円形をしていますが、ラグビーのものよりひとまわり小さくなっているものをつかいます。
  • ゲームは、1クォーター20分で4クォーター行われます。
  • ゲームの開始はセンターサークル内で審判がボールをグランドに叩きつけ、バウンドしたボールを奪い合って始まります。

【オーストラリア式フットボールに掛かる費用や用品について】

基本的には日本ではオーストラリア式フットボールのスクールが存在していますのでそちらでユニホームやボールを用意します。

ボールについてはピンキリですが8000円くらいからのものがあるようです。

ユニホームについても同じように10000円代からはするようですがやはりユニホームを着ることでチームもわかりやすく、雰囲気もでるでしょう。

【オーストラリア式フットボールが出来る場所は?】

現在では日本に関東と大阪、名古屋に計7チームのオーストラリア式フットボールのスクールがるようです。

やはり、ラグビーに比べるとチームの数も少ない様ですが、スクールはちゃんとありますので無料体験などで一度オーストラリア式フットボールを体験してみても楽しいかもしれません。

【オーストラリアンフットボールの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ