【スポーツ体験談】パスだけでつなぐ全員参加型のポートボール

【スポーツ体験談】パスだけでつなぐ全員参加型のポートボール

【ポートボールみたい?思わず走ったら相手ボール】

準備するはコートと人が立つに全員帽子やハチマキなど。ボールはドッジボールやバスケットボール です。

バスケットボールにも近いけれど、ゴールネットを使わないので、昔懐かしいポートボール系です。

基本のルールはボールを持つ人が走ってはいけない(バスケットも同じですよね)、ドリブルもしてはいけないというものです。

試合のはじめは、センタージャンプでもよいし、じゃんけんで相手方コートの外から投げ入れてもいいのですが、ボールを受け止めた選手は、ボールを持ち運んではいけないのです。

思わず足が出てしまったら、すぐ近くのコート外からの相手のスローインとなってしまいます。

でも、気があせってついうっかり攻めに出てしまうんですよね。

「動いてはいけない」これが絶対のルール。

【ボール運びはパスのみ】

ボールをゴールに運ぶ手段はパスのみ。

まず、ボールを持ったらその場にストップ。相手にとられないよう、即味方にパスします。

(バウンドや転がしもOK)パスされた選手は、また味方にパスです。

相手をかわしながらゴール台に立つ味方の選手に最後のパスができたら1点です。

ボールを持った人は動けないので、味方がうまく動いて素早いフォローをしなければなりません。

味方の動きが甘いチームはパスがつながらないということになります。

全員が機敏に動くことが大事。

【ポートボールの動画】

 

【勝敗の決め方は点数だけではない!】

試合の時間はあらかじめ決めておきます。

発達段階に応じて違ってくるでしょう。

「動いてはいけない」けれど、考えるより結構ハードにみんな動きます。

そのわけがあるのです。勝敗の決め方です。

もちろん時間内に点数を多くとった方が勝ちです。

しかし、時間前に点数が低くても勝つルールがあります。

それは、帽子やハチマキにも関係します。

何かというと、ゴールを決めた選手は身に着けていた帽子やハチマキをとります。

チーム全員がシュートを決めたら勝ちです。

(ゴールに立つ選手も交代してゴールを決める方になる)時間の経過を見て、そちらの作戦に持っていこうと考えることもあっていいのです。

つまり、いつも同じメンバーだけがシュートを決めがちですが、これなら全員が参加できます。

残り一人となった時には、チームみんながその選手にボールを回そうと必死になます。

また、決めた時の喜びはとても大きいです。

(敵味方の区別をするためにビブスなどを着用した方がいいです)


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ