2つのチームが一本の綱をお互いの陣地に向けて引き合い、その優劣を競う競技【綱引き】のルール、費用、必要な道具など

2つのチームが一本の綱をお互いの陣地に向けて引き合い、その優劣を競う競技【綱引き】のルール、費用、必要な道具などmaxresdefault

綱引きは2つのチームが一本の綱をお互いの陣地に向けて引き合い、その優劣を競う競技です。

【綱引きの基本のルールについて】

綱引きは、複数人数からなるチームで一本の綱を両側から引き合って、その移動を競う競技で、団体戦であり、ルールが単純明快であることがあります。

またチーム分けによって力量の配分などに公正化が図りやすいこともあり、世界的にも広く親しまれている競技のようです。

その反面、高度化したものではテクニックや戦略といった要素も多分に絡み、競技としての奥深さも存在します。

綱引は誰もが知っているスポーツですが、厳格な体重制によるクラス分けや競技中の複雑なルールがあります。

また高度なテクニック、パワー、体力、チームワークに加え、忍耐力など精神面での強さが重要となる競技です。

  • 基本は12人で1チームで、選手は8人で行われるようです。
  • 選手8人、交代要員2人、監督1人、コーチ1人、計12人構成で競技にあたります。
  • 競技は8名の選手によって行われますが、監督やマネージャーが選手を兼任しても構いません。
  • ライトミドル級などもあり、8人の合計体重が600kg以下で行われるようです。
  • 8人の選手の合計体重で各階級に分けられ、現在日本では、男子ライトミドル級・女子ライトフェザー級が主に行われていて、競技開始前には審判員立ち合いのもとで厳正な計量が行われているようです。
  • ちなみに、綱の長さや太さも決まっていて、公式競技用の綱は太さ10cm~12.5cm、長さ33.5m~36mという規定があるようです。
  • ジュニア部門の綱は太さ9cm~10cm、長さ28m~30mと定められています。
  • ホットポジションやアンカーというものもあります。
  • チームの最後部に位置する選手はアンカーと呼ばれ、身体に綱を巻いたような持ち方をするようです。

【綱引きに掛かる費用や用品について】

綱引きは基本、があれば行えます。

服装なども動きやすい服装などがいいでしょう。

【綱引きの出来る場所は?】

綱引きは日本でも皆さんご存知の方の方が多いでしょう。

小学校の運動会などの定番と言えるスポーツです。

ただ、私自身、綱引きがここまで大きなスポーツであるということは知りませんでした。

全国で、本格的に行われている綱引き大会などはきっと迫力満載の本当の競技とでもいえそうな感じがします。

ぜひ、機会があれば全国的に行われている綱引きを見てみたいです。

【綱引きの動画】


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【競技人口が少ないマニアックスポーツ】トップへ

関連のある人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ